【スペイン留学】学生ビザの申請方法&注意点まとめ!

スポンサーリンク
スペイン留学
この記事を書いた人
はな

2019年よりスペイン・バレンシア在住。英語・スペイン語話者。
社会人留学、語学学習ときどき旅行についてまとめています。趣味は美術館・教会巡り、ポストカード・古紙幣収集。

はなをフォローする

注意事項とか取扱説明書とか読むのが苦手な私が、ドタバタの中で必要書類を集めて申請した際におこなったことをまとめました。

これは一年間の語学留学をする学生ビザ申請の場合です。

条件などが更新されている可能性がありますので、必ず駐日スペイン大使館留学研究査証を合わせてご確認下さい。

大学の留学課などを通さずすべて自力で行った際の記録ですので、社会人から留学をされたいと思っている方も、必見です!

スポンサーリンク

必要書類リスト

①査証申請書
②顔写真
③パスポート★
④入学証明書★
⑤残高証明書
⑥海外保険★
⑦航空券予約証明書★
⑧無犯罪証明書
⑨健康診断書★

★はコピーを一部添えて提出のものです。

以上です。
なんか大変そう…と思ったけど、実際やってみたらどれもそんなに大変ではありませんでした。

スペイン学生ビザ申請:①査証申請書

私はエージェントに語学学校との交渉などを任せていたので、エージェントから書類が届きました。

自力で手配される方は、こちらからダウンロード可能です。
→ 留学研究査証申請用紙(駐日スペイン大使館HPより)

お願いしていたのはスパニッシュコミュニケーションズさんというところですが、記入項目に付箋を貼ってくださり、申請の注意点などもまとめて書面を出してくださり大変助かりました。

留学先の住所語学学校のコース名など、査証に必要な事項をスペイン語で記入します。

スペイン学生ビザ申請:②顔写真

①の査証に貼る欄があります。

サイズに指定(4.5cm×3.5cm)があり、背景も白のみですので注意が必要です。

スペイン学生ビザ申請:③パスポート

これ結構ビックリしたのですが、ビザ申請期間中、コピーだけでなくパスポートを提出する必要があります。

例えばわたしの場合、2018年12月5日に申請し、2019年1月10日以降の受け取りになっていますので、その間はパスポートなしの生活となります。

この間にうっかり旅行を入れてしまうと渡航できませんので、注意が必要です!

スペイン学生ビザ申請:④入学証明書

語学学校に入学願を届けると、学校のサインの入った入学許可証が届きます。

わたしはエージェント経由でしたので、学校とのやりとりはエージェントにやってもらい、郵送で家に送られてきました。

これをスペイン政府は確認することで、「学校に通うことが目的でスペインに行く」ということがわかるよう仕組みです。

そのため、これはサイン入りのものである必要があるそうです。

スペイン学生ビザ申請:⑤残高証明書

このへんがなかなかヒヤヒヤしたのですが、スペイン大使館からのVISA認可の条件に、経済状態の証明があります。

これは、
「月額€537.84×滞在月数」プラス「往復航空券代」を申請時に持っていることの証明になります。

レートによっても変わるし、航空券代によっても変わるじゃん…と思いますが、一年行く場合はざっくり100万円くらい持ってれば大丈夫なんだと思います。

€537.84(7万くらい)×12ヶ月=84万円
往復航空券=20万円程度

こんな感じの内訳です。

証明方法は
・銀行の残高証明
・直近三ヶ月の通帳のコピー
・直近三ヶ月の給与明細のコピー

などの方法がありました。

私は直近三ヶ月の給与明細のコピーを提出しました。
申請以降にお金が入る予定がある方や留学後も日本円で収入ある方もいると思いますが、この時点で100万円あることが重要なので、学生の方などは申請の間の数日間家族に借りてすぐ返すという人もいるようです。

銀行の残高証明が一番安心だとは思います。
英文和文どちらも可ですが、英文の場合、銀行からの受け取りに納期がかかります和文の場合も、通帳と印鑑が必要なので少し大変です。

スペイン学生ビザ申請:⑥海外旅行保険

保険に加入した証明として、英文もしくは西文の、保険会社の判子の押された証明書が必要となります。

保険会社によっても異なると思うのですが、私がお願いしたジェイアイ傷害火災保険のt@bihoでは、英文、西文どちらも無料で対応していただけました。

スペイン領事館は結構厳しいらしく、メールなどで送られてくる内容証明ではなく、必ず保険会社発行の証明書を用意した方がいいと保険会社の方にもアドバイスされました。

スペイン学生ビザ申請:⑦航空券予約証明書

こちらも必ず英文の予約証明書が必要です。

エージェント経由で飛行機予約した場合は用意してもらえることが多いと思いますが、私は少しでも安い航空券をとりたかったので自分で手配しました。

飛行機を予約したのはenaという予約サイトで、予約後にフリーダイアルに証明書発行のお願いをしたら、一週間以内に郵送で送ってくださいました。

スペイン学生ビザ申請:⑧無犯罪証明書

在住の行政区で発行してもらえます。私の場合神奈川に住んでいますので神奈川県警に行きました。

ただ、プロセスが長く、

⑴神奈川県警に申請に行く。(指紋採取もします、受け取り一週間後くらい)
⑵神奈川県警に受け取りに行く。
⑶外務省にアポスティーユ※しに行く。(翌日受け取れます。)
⑷外務省に受け取りに行く。

※アポスティーユは証明書を公文書化するための手続きのようなものですが、具体的に何が行われているかはわかりませんでした…。(無犯罪証明書は開封厳禁のため) 詳細はこちらのリンクご覧ください。
外務省サイト https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/page22_000548.html

渡航に三ヶ月前まで&VISA申請に約二ヶ月かかると言われていますので、実質一ヶ月でこの申請を終えねばならないので、これに関してはゆとりをもって始めるのをオススメします。

スペイン学生ビザ申請:⑨健康診断書

健康診断書作成にあたっては、もともとのフォーマットがあります。(私はエージェントからもらいました。)それをクリニックに持参して医師のサインをもらいます。

留学、海外駐在の健康診断向けのクリニックもあるので、そこを探して行くのがスムーズだと思います。私は日比谷クリニックに行きました。

ワクチン?予防接種?血液検査?
と、結構身構えて行きましたが、問診で15秒で終わりました。笑

費用は7,000円くらいでした…結構高い…

申請当日について

上記の申請必要書類がそろったら、スペイン大使館へ申請に行きます。
平日9:30-12:30のみ申請可能です。

■スペイン大使館
〒106-0032 東京都港区六本木1丁目3-29
電話:03-3583-8531、03-3583-8532
公式サイト:駐日スペイン大使館

六本木一丁目駅から歩いて5分程度です。

私は一回、12:32について門前払いされたことがありますので、余裕を持って行くのがおススメです。(12:30までに入れれば申請はできる)

また、混雑していると1〜2時間待つこともあるので、時間に余裕があるときに行く方が良いです。

さらに、スペイン大使館、電話が絶望的に繋がりません。

申請時、受取日を言われた際に、「受取日、忘れないで下さいね。確認の電話されてもこの通り人手不足で出られませんから。」と言われました。笑

前に並んでた夫婦も、電話に出ないから毎回来なくてはならなくて不便!!と怒っていました。

遠方在住の方は特に注意が必要かもしれません…。

VISAが降りるまで二ヶ月かかると言われていましたが、実際は一ヶ月半くらいでいけるようです。ただ、何があるかわからないので二ヶ月以上前に申請するに越したことないと思います。

まとめ:早めに取り掛かるのが吉!

細かい点は省き、自分の経験談を中心にまとめました。

エージェントの方も言っていましたが、去年くらいからガラッと申請方法が変わったそうです。また変わる可能性もあるので、あくまでこれは2018年11-12月時点の情報ですのでご注意ください。

誰かのお役に立てばと思います。

以上、スペインの学生ビザの申請方法でした。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました