【旅行費用】ヨーロッパ10日間、1日6,000円以下!?【詳細公開】

スポンサーリンク
旅行ノウハウ
この記事を書いた人
はな

2019年よりスペイン・バレンシア在住。英語・スペイン語話者。
社会人留学、語学学習ときどき旅行についてまとめています。趣味は美術館・教会巡り、ポストカード・古紙幣収集。

はなをフォローする

個人手配でヨーロッパ旅行に行ってみたい!
できるだけ安く費用を抑えたい!

けど、実際いくらあれば足りるの?

そんな風に疑問に思う方も多いのではないでしょうか。

今回の記事では、10日間かけてドイツ・フランス・チェコを旅した私が、実際の旅行にかかった費用をすべて公開したいと思います

スポンサーリンク

私のヨーロッパ旅行のスタイル

まず初めに、私の旅のスタイルについて簡単にご紹介します。

・バックパッカー
・一人旅
・宿で自炊
・食事より体験派
・ドミトリーに宿泊
・長距離は基本バス移動

以上です。

私は食事にはそこまでお金をかけないのと、お土産はバックパックに入る量しか買えないので、そこまでたくさん買いません。

また、現在スペインのバレンシアに住んでいるため、日本からの航空券とは値段が異なるので今回の費用からは除外してご紹介しています!

10日間の合計金額(航空券除く)

今回は9泊10日で、ドイツ、フランス、チェコのクリスマスマーケットを巡る目的で旅をしました。今回の記事では、航空券代以外にかかった費用についてまとめています。

結論から言うと、合計で「56,844円(473.70€)」でした。(1€=120円として)

10日間の旅だったので、単純に10で割ると、1日当たり5,500円程度で過ごしていたことになります。

この費用の中には、宿代、都市間の移動費、食費などすべてが含まれています

旅程・都市別費用

都市ごとの費用の詳細は下記の通りです。

日程都市名ユーロ
1日目シュトゥットガルト46.21€5,545円
2日目ストラスブール36.40€4,368円
3日目コルマール77.60€9,312円
4日目ニュルンベルク59.20€7,104円
5日目ニュルンベルク47.42€5,690円
6日目プラハ23€2,760円
7日目プラハ56.30€6,756円
8日目ドレスデン62.40€7,488円
9日目ドレスデン41.97€5,036円
10日目ベルリン23.20€2,784円
合計473.70€56,844円
※1€=120円として
※100Kc=4€として

物価の感覚としては、フランス(ストラスブール、コルマール)とドイツ(シュトゥットガルト、ニュルンベルク、ドレスデン)がやや高めプラハは安めです。

コルマールで出費が大きくなっているは、お昼ご飯を外食(2,000円)したのと、高額(2,300円程度ですが…)なお土産を買ったためです。

旅行費用の内訳

続いて、出費の内訳です。

全体の割合は下記のグラフの通りです。

「お土産はそこまで買わない」と旅のスタイル紹介で言っていたにも関わらず、結構お金を使っていてびっくりしました。(笑)

なお、今回の旅はクリスマスマーケット巡りがメインだったので、観光スポットなどへの入場料がかかっていません

ヨーロッパ旅行費用①:宿泊費 14,520円

各都市における宿泊費は下記の通りです。

都市名一泊当たり泊数合計
ストラスブール(友人宅)840円3泊2,520円
ニュルンベルク2,760円2泊5,520円
プラハ960円2泊1,920円
ドレスデン2,280円2泊4,560円

1~3日目までは、ストラスブール在住の友達の寮に泊めてもらったので、一泊7€と格安で宿泊ができました。

また、プラハでの2泊も、一泊8€のドミトリーを利用できたので、かなり安上がりでした。

ドイツ、フランスは一般的に宿代が高く、ドミトリーでも20€前後かかるところが多いので、なるべく条件の良い宿を早めに押さえるのが節約のコツです。

ヨーロッパ旅行費用②:長距離移動費 11,760円

都市間の移動にかかった費用は、以下の通りです。

シュトゥットガルト⇒ストラスブール 22€
ストラスブール⇔コルマール 往復21€
ストラスブール⇒ニュルンベルク 18€
ニュルンベルク⇒プラハ 15€
プラハ⇒ドレスデン 12€
ドレスデン⇒ベルリン 10€

今回の長距離移動は、シュトゥットガルトからストラスブールへの移動を除き、すべてFlixBusというドイツの会社が経営する格安長距離バスを利用しました。

ルートによっては、電車と併用することで、移動費用を大幅に抑えることが可能です

アプリやオンラインで事前に予約をし、当日所定の場所に行ってバーコードをかざすだけで簡単に乗車ができます。

ヨーロッパ旅行費用③:お土産代 9,564円

少しショックです。(笑)

こんなにお土産代に使っていたなんて…!

でも、クリスマスマーケットで可愛いものを見るとつい買ってしまっていたので、心当たりはあります…。

お土産の多くは、物価の安いプラハを中心に購入しました。

ドイツやフランスに比べて、同じようなものでも、3分の2から半額程度の値段でゲットできます。

ヨーロッパ旅行費用④:食費 9,904円

宿泊費の次に出費の鍵になるのが食費だと思います。

私はご当地グルメにそこまで関心がないので、近くのスーパーで買ったものを宿で料理して食べたり、お昼は簡単な食べ歩きで済ませたりすることも多いです。

ドイツやフランスのレストランでしっかりとした食事をとろうと思うと、15~30€くらいはかかるので、旅費を節約したい方は、レストランに行くのは夜だけ!などのルールを設けるといいかもしれません。

食べ歩きやB級グルメでも、美味しい料理はたくさんあります!

ヨーロッパ旅行費用⑤:お酒代 3,780円

今回はクリスマスマーケットでホットワインや伝統的なお酒を飲んだりしました。

一人旅なのでお酒をそこまでたくさん飲むわけではありません

ただ、ストラスブール(フランス)のバーで友達と飲んだビール500mlが一杯7€(840円)だったときはかなり驚きました…

スーパーで買うと、4分の1程度の値段で買えますので、宿飲みでもいいという方は、お財布的にはそっちをおすすめします。

ヨーロッパ旅行費用⑥:カフェ代 3,313円

これも意外と使っているな~と感じた出費の一つですが、12月のドイツ・フランス・チェコはマジで寒かったです。

寒い中外にずっといると思いの他、体力を奪われるので、こまめに休憩を取るようにしていました。

ドイツ・フランスの観光中心地のカフェラテは3.5€(420円)程度です。

ヨーロッパ旅行費用⑦:鉄道代 2,640円

これは長距離移動のバスとは別に、都市内で利用したメトロやトラムのチケットのことを指します。(Sバーン、RE含む)

移動をたくさんする場合は1日チケットなどを買うこともありますが、今回の旅ではいずれも宿泊地を街の中心部に選んだので、移動回数は少なめです。

ただし、ドイツの鉄道は本当に高いなぁと思いました。(メトロ1回2.9€(348円)など)

ヨーロッパ旅行費用⑧:その他 1,363円

その他の経費としては、薬局でなくなりかけたボディソープと歯磨き粉を購入したり、トイレ代を払ったりしたものです。

ヨーロッパの多くの都市では公共施設のトイレは有料(0.5~1€)です。

まとめ:費用をおさえる鍵は宿代と食費!

個人的に思う費用を抑える鍵は、「宿代」と「食費」だと思います。

特に物価の高い西欧・北欧での旅行では、条件の良いホテルに泊まり、毎食レストランで食事をすれば、かなり高額な費用になってしまいます

旅の中で自分なりのルールを作る(1日お土産は15€まで!など)のも、楽しいかなと思います。

とはいえ、安くすることばかりに集中して、旅を楽しめなかったら意味がありません

ご飯を楽しみに旅行をしている人は、ご当地グルメにお金をかけるべきだと思います。

例えば私は、女一人旅ということもあり、宿は安さだけでなく立地や口コミの参考にして選んでいます。お土産も、欲しい!と思ったものはよく吟味して購入します。

削れるところを削って、楽しむところは楽しんで、素敵なヨーロッパ旅行にしてくださいね!

以上、10日間のヨーロッパ旅行費用まとめでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました